クレジットカードを持つためには、まず、カード審査の申込みをします。
申込書には、氏名から始まり住所、電話番号、配偶者の有無などの個人情報や住まいにかかわること、勤務先、勤続年数、役職、年収など収入にかかわることなどを記入します。

クレジットカード会社は、申込書にあるさまざまな項目で、申込者の返済能力、信用などを各社それぞれの審査基準に基づいて、クレジットカードの審査を行います。
クレジットカード会社は、申込書に書かれた内容の裏付けをとるために、申込者の信用度を個人信用情報機関にアクセスして確認します。

クレジットカードの審査では、収入にかかわる勤務先の情報や、住まいの住所が存在するかなどを確認しますが、一番確認したいところは、支払いを延滞した・未払いの履歴の有無だと言われています。高収入や大きな持ち家は審査通過に有利にはたらくことは間違いありませんが、それだけではないということを覚えておいてください。

信用度を高めることでカードのグレードも上がる

スタンダードなクレジットカードだけでなく、グレードの高いクレジットカードを手に入れたい方は、延滞にしないよう支払い・返済して自分の信用度を落とさないように注意しましょう。返済の積み重ねで信用度を高めていくことができるのです。

一口にクレジットカードといっても、銀行系、信販系、消費者金融系、流通系、航空系このほかにも様々な種類のカードがあります。利用限度額やサービスなども各会社で違います。

クレジットカードそれぞれの特徴・特性・サービスを理解して、自分のライフステージ、ライフサイクルに合う、または社会的にステータスとなるようなクレジットカードをみつけましょう!

自分の信用情報に興味がある方は以下のサイトをご覧ください。

  • 株式会社シー・アイ・シー http://www.cic.co.jp/mydata/
  • 株式会社日本信用情報機構 http://www.jicc.co.jp/kaiji/about-kaiji/
  • 全国銀行個人信用情報センター http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/