クレジットカードと聞くと社会人だけが持つことを許されるように思っていませんか?
実は、高校を卒業した18歳以上の学生であれば家族カードではなく、個人でクレジットカードを作ることができるようになります。

インターネット通販やコンビニ、スーパーマーケットでの買い物もクレジットカードが当たり前の時代。カードを理解して使いこなせるようになれば、節約できる、お小遣い・自分で自由に使えるお金を増やすこともできます。
学生カードは、ポイント還元率が高い、海外旅行時の傷害保険などがついてくる、社会人もうらやむようなお得なサービス、キャンペーンが多いので、試しに一枚、持ってみるのも良いかもしれません。

1:審査の方法は?

社会人のクレジットカードの審査には、収入、住居、個人情報などの審査項目があり申込書に記入し郵送、あるいはインターネットで申し込みします。
しかし、学生は勉強が仕事のようなもの。安定した収入がないことがほんとんだと思います。審査の対象は、学生本人ではなく学生の親権者(親)になります。親権者の収入、住居などの個人情報、返済履歴などに問題がなく、親権者が十分に援助できると判断されれば、かなり高い確率で審査をとおるようです。

未成年の学生がクレジットカードを作る場合は、親権者の同意が必要になることがあります。同意は、クレジットカード会社か電話で確認することもあるようなので申し込む場合は、親権者に話しておくことをおすすめします。また、成人している学生は、親権者の同意を得なくてもクレジットカードをつくることができますが、利用限度額が低くなることがあります。

2:申込書に記入するときは・・・

申込書に記入する内容に、嘘がないようにしてください。
アルバイトをしていて、ある程度一定の収入があれば、クレジットカードの審査で多少は有利になりますので、記入してください。

3:入会資格を確認しよう!

クレジットカードを選ぶときに、入会資格を確認してください。専門学校生が不可な場合があります。

4:学生時にクレジットカードをつくっておこう!

なぜ、学生の時にクレジットカードをつくっておくことをおすすめするかというと上に書いたとおりうれしいサービスが多いことだけではなく、クレジットカードの審査が厳しくないということです。
学生カードは、クレジットカード会社の多くが発行しています。学生時にカードを取得できれば、社会人になった場合、学生カードから一般カードに切り替えることもできます。

学生カードをつくる場合は、親権者の信用度でつくりますが、社会人になると、申込者の収入、住所などの個人情報、返済履歴などが審査されます。社会人になりたてや引っ越ししたばかりだと審査に通ることが学生カードにくらべて難しくなります。
銀行系のカードは、ほかの系統のカードに比べで審査が厳しいと言われています。銀行カードはとくにおすすめします。