news20150722

ロシア国家決済カード・システムは、日本のクレジットカード会社「JCB」と提携カードの発行に関する協定を結びました。
これにより、ロシアの国家決済カード「ミール」を保有する人は、「JCB カード」のインフラを持つ場所でカード払いが可能になります。

「ミール・JCB カード」は、2種類の支払い方法を持つことになります。
ロシアの国家決済カード・システム内では、銀行カードの「ミール」として、ロシア国外ではJCB カードとして機能することになるんですね。

JCB カードは特にアジア諸国で伝統的に普及している為、今回の提携はアジア圏でのサービス拡大を狙ったものといえるでしょう。
一方で、ロシア国家決済カード・システムとJCBが協力することは、JCBのロシア市場への影響を強くすることになります。

「ミール・JCB カード」の発行は2016年の予定。

ロシア国家決済カード・システムは、2015念4月からロシアでの業務を開始していて、既にビザカード及びマスターカードと協定を締結済みです。
現在アメリカン・エクスプレスと協議中とのこと。

国家を超えた、新しい決済システムの登場です。
ロシア国内では銀行カードのみの利用という点には不便さに感じます。
けれどもほとんどの大手国際ブランドと提携することにより、世界中のどこでも決済が可能という、とても便利なクレジットカードが登場したことになります。
クレジットカードを複数枚まとめて、一枚のカードとして使うというサービスも開始されています。
クレジットカードはどんどん利便性がよくなっていきますね。
これからも未来に期待したいところです。