payJp

ネットショップ開設サービス「BASE」を提供することで知られるBASEが、新サービスを開始しました。
それが2016年9月7日に始まった、オンライン決済サービス「PAY.JP」です。
2015年2月、BASEはオンライン決済サービス「Pureca」を開発するピュレカを買収した上で、自社でオンライン決済サービスを行うとしていました。
その2月の発表以降、サービス開始までに、ウェブサービスを中心として既に2000店舗の申し込みがあり、注目度の高い、期待の寄せられていたサービスです。

「PAY.JP」とは?

「PAY.JP」とは、WebサービスやネットショップなどEC事業者向けに、クレジットカード決済機能を無料で簡単に導入できる開発者向けサービスです。
「PAY.JP」による審査の後、コードを埋め込むだけ。
REST API、PHP、Rubyなど開発言語ごとのライブラリを提供し、現在でいえば、Yahoo!ウォレットFastPay、WebPayなどと同様に、ウェブサイトにコードを埋め込むことで、個人・法人を問わず導入出来るようになります。
世界でサービスを展開する米PayPalや、今秋にも日本で正式にサービスを開始する予定のStripeの他、GMOペイメントゲートウェイをはじめとする国内の大手事業者、さらにはメタップスのSpikeと競合することになりますが、「PAY.JP」はシンプルなコードとスムーズな審査を標榜とし、開発者が簡単に導入できることを特徴とします。

料金はどこまで無料になるのか?

「PAY.JP」は料金が無料なのも、特徴のひとつです。
ではどこまで無料なのかと申しますと、初期費用と月額費用が無料になります。
これはこれまでは考えられなかったサービスですね。
そして1決済あたりの決済手数料は、VISAおよびMasterCardでは3.0%、AMEXやJCB、Diners Club、Discover Cardの場合は3.6%と、いずれも全体的に低めに設定されています。
また、2016年5月末までの導入キャンペーン期間の間は決済手数料も無料で利用出来るので、簡単にお試しが出来ます。

セキュリティは大丈夫なのか

セキュリティについては、クレジットカード業界のセキュリティ基準であるPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standards)に準拠しているとのこと。

「PAY.JP」及びオンライン決済サービスは、利用者にとっては何が便利なのか?

例えばECサイトでショッピングをします。
その時オンライン決済サービスを導入しているECサイトの場合、例えば「PAY.JP」を利用しているとすると、「PAY.JP」に一度ログインするだけで、「あらかじめ「PAY.JP」で登録しておいたカード番号や住所を使って」決済することが出来ます。
導入が無料で出来ることから、これまでオンライン決済サービスの利用を躊躇っていたネットショップでも導入を検討するところが増えるでしょうし、特にBASEのネットショップでは「PAY.JP」を導入するところが多くなると予想されますから、BASE上のいろいろなネットショップでショッピングをする際、その都度、名前や住所、クレジットカード情報などを入力する必要がなくなります。
そんな風に、ネットショッピングがスムーズになるのが、オンライン決済サービスの特徴です。

本体であるBASEとは?

「BASE」とは、BASEの提供する、ウェブの知識をあまり持たないユーザーでも、メールアドレスを持っていれば、誰でも簡単にネットショップを無料で開設出来るサービスとして、2012年11月にスタートしました。
そして、誰でも簡単にショップを作ることが出来るという世界を作ってきました。
開始から2年半で、ショップ開設数は17万店舗以上。
現在BASEの、年間流通総額は数十億円後半となり、数ヶ月以内には100億円に昇るとみられていて、現在ネットショップの主流となりつつあるサービスです。

オンライン決済サービスに新しい風を吹かせようとしている「PAY.JP」。
これが導入されることにより、オンライン決済サービスがどう変わっていくのか。
注目していきたいところです。